20200118

  • 2020.01.18 Saturday
  • 18:23

青菜に塩

あられに切る

きれいにほどければ良いのよ(卵の溶き方)

 

など、料理中の日本語表現がきれいで、以前メモに残していたのですが、さっきそのメモを読んで、よし、本を買ってみようと、Amazonへ。迷ったけれど、夕寝の後のぼぉーとした頭でぽちっとボタンを押したら、1clickでKindle版を購入してしまいました。慌ててKindleアプリをダウンロード。無事にダウンロード済みましてipodで読めます。でも、わたしのipodサイズは小さいから読みにくい。ばかだった。でもまさかばぁば本をきっかけに電子書籍へ足を突っ込んでしまうとは。なんだか、先輩から先へ進みなさいと背中プッシュされた感じがしますね。勉強になります。

 

「ばぁばの料理 最終講義」鈴木登紀子著

20200113

  • 2020.01.13 Monday
  • 14:43

 

祝日(普段は平日なのに休み)に家に一人というシチュエーションが良い。お昼のワイドショーでゴーンさんの逃亡劇のニュース。ヒステリックな雰囲気に引く。高橋和夫さんの冷静で控えめなコメントが良かった。

 

普段守られた環境に居るので、普段出合わない出来事に遭うと引きずる。反省するべきはして切り替えよう。次はもう少しうまくやろう。さっと逃げる。相手も不運だったろう。

 

『Suburban Baroque』

久しぶりにカーネーションのアルバムを聴いている。ぐっど。邦楽で定期的に聴くのは、鈴木祥子さんとカーネーションくらいなのですが、それでもしばらくぶりにじっくり聴いている。かっこいい曲がたくさんある。歌詞の1行ずつに聴き入る。入力(感覚)と出力(言語化)の間で魔法がかけられるでしょうか(熟成〜)。誇張もできるプロ。言い得て妙、みたいな。すごく本を読む方と。映画もたくさん見られているそう。話す機会はあったのですが、引っ込み思案だし、凡庸なので、何を話していいか分からないから怖くて傍にいきませんでした。ははは。そして、矢部さんのドラムが煌びやか。派手。ハイハットに☆が散るような感じがします。矢部さんのドラムが入ると、曲に凹凸がうまれ、その不思議な立体感?に耳が持っていかれるようなところがあります、ね(同意を求める調子)。とかいいつつ、岡本啓佑さんのドラムも矢部さんとの類似点を感じ(矢部さんじゃないの?と)、まだまだですね。全体通して完成されたアルバムでした。

 

昨年は、『瓔珞〜エイラク』にハマってしまい、そればっかり見ていたので、映画を殆ど見ていない。お正月中に久しぶりに映画を借りた。「あなたと私の合言葉 さようなら、今日は」。若尾文子が当時の現代的な女性を演じている。現代的と言っても、妹くらいドライになれず、家族や縁者に気さくだし、大事にしている。そこがちょっとジンと来る。日本が変わっていく時代の、当時の女性たちを描いた映画(都会の、と付けたいところはある)。そういう映画を見て、憧れて社会をひろげていった人たちもいたんだろう。昔の映画独特の早口の台詞回しが面白いし好き。佐分利信さんが好き。

 

そういえば朝起きると、花瓶の臘梅の花がぼとりぼとり落ちている。さっき埃を払うのに花瓶を動かしたらまた2つほど転がった。ポップコーンみたいな丸さと可愛さ。

20200108

  • 2020.01.08 Wednesday
  • 01:13

(実際は右に90度回転)

「ロウバイ」。狼狽でなく臘梅。甘い匂いが新年(本当は年末)からしています。

開いて時が経って、寿命が薄れ始めた花弁の青空に透ける感じが儚い。

20200104

  • 2020.01.04 Saturday
  • 15:17

 ぴゅー

昨年中はあたたかいご声援をいただきありがとうございました。

今年も何卒宜しくお願いいたします。

20191211

  • 2019.12.11 Wednesday
  • 23:55

今日仏壇に手を合わせていたら、父の誕生日は今日だった、と思い出した。そしたら夕飯がすこし豪華だったので、母も覚えていたのでちょっと腕をふるったのでしょう。柿を沢山もらったこともあり、サニーレタスと柿入りのサラダを作り、ぜんぶ美味しくいただきました。そして、ぜんぶ食べた後はお腹いっぱいになり、思わずこたつで横になる。すこし寝ました。

うっすらと、かかったままのテレビからニュース番組が始まる。中村哲さんの告別式のニュース。神妙な気持ちの中、知人の方が映像に映らないかなとじっと見つめる。最初に一瞬映られました。ペシャワール会のお手伝いもされていた方で、やはり気落ちされているのではないでしょうか。残念です。皆様、ご自愛ください。

 

関東から帰ってきて、また普段の生活に戻りました。それはまるで福岡に着いて、空港の到着出口へとほかの乗客とともに「歩く歩道」を歩き、その終わりに地面に足を着ける時のよう。躓かないように速度を落として、充分気を付けて足を着ける、その一瞬。

 

ではまた。

朗読劇「Crossing Legend」Opening Act関連

  • 2019.12.06 Friday
  • 00:00

朝方空気が冷えて咳き込むも、日が差し出すと部屋が温まってくる。暖かい中で身体をもう一度温めるべく、おでこまで深くくるみ込んでまた寝る。

 

リハ。風邪をひいてから初めての声出し。マスクをしたままふた回しほど歌い、マスクなしでさらにひと回しほど。鼻声。けれど響き具合は悪くはない。もう少し抜けてくると、楽に歌えるのですが。咳払いをせずに済むと良いけれど。もともと反応過多なので喉の辺りが気になりがち。心を預けて、皆さんと良いひと時を過ごせるようにがんばります。

 

温かな趣のある(でもこだわりある)喫茶店でナポリタンをおごってもらう。コーヒーはプラジルとガテマラの豆を軽めの深入りでさっぱりと淹れた感じ。雑味が少なく美味しかった。関東のかわいた空気感にあっていますね。

 

わたしのポッケはゴミでいっぱい。手を突っ込むと、のど飴の袋やレシートがかさっとあたります。本を買おうと、吉祥寺の本屋へ寄り道し棚の前であれこれ悩んだ結果、決心できずに手ぶらで帰る。単行本は買いにくい。特に旅先では。予想外に暖かい関東。予想の外れたわたしは着込んでいるため、いちいち汗ばみます。暑い。都会は運動になる。

 

では、横浜のサルビアホールでお会いしましょう。

https://shamrock-tiara.amebaownd.com/

20191203

  • 2019.12.04 Wednesday
  • 01:00

そして苦しい夜の後、奇跡的に喉の痛みがとれました。こんなに早く回復したことは近年ないかもしれない。不思議。

でもまだ気をつけないと、咳とかが出やすいたちだから。温かくして眠ろう。

20191202

  • 2019.12.03 Tuesday
  • 01:00

きゃーきゃーきゃー。

時間って本当にあっという間に過ぎるのですね。わたしはこの数ヶ月何をしてきたのでしょうか?


ところで迂闊にも風邪をひいてしまい焦っています。やっと身体(のど)を起こし始めていた時期で、ちょっとコツがつかめてきたところを、すこっと持っていかれました。。カイロを前にも裏にも貼って、ご飯をたくさん食べて(おいしい)、サプリを飲んで、土鍋にお湯を沸かしてティーツリーオイルを一滴垂らして湯気を、母のプロポリス入りののど飴をもらってきて準備万端、、って何をしているのでしょうこんな時間まで。^_^;へへへ。寝ます。


そういえば、前回のお話では身体を癒してくれそうな薬が登場してたなあ。

https://shamrock-tiara.amebaownd.com/


そろそろ関東へ向かいます。wifiも滑り込みで借りました。横浜でお会いしましょう。


20191201

  • 2019.12.02 Monday
  • 00:14

準備は進んでいるのか? いやまだです。レンタルwifiを借りずに、東京の交通網を制覇(?!)することはできるでしょうか? ぎりぎりになって迷っているのは、わたしのパソコンが古くなり、レンタルwifiを借りる為のもろもろの選択のプルダウンメニューすらままならない状況、心砕けるバージョンアップの波。

 

こんな時に利く呪文ないかな^^?

https://shamrock-tiara.amebaownd.com

朗読劇「Crossing Legend」Opening Act関連

  • 2019.11.21 Thursday
  • 01:05

しばらくの間、ブログのデザインを変更したいけれど腕がなく、今年は勢いもなくなんとなくブログを書きそびれて来たのですが、12月に友人の朗読劇のオープニングアクトで歌を歌わせてもらう事もあり、ようやっと重い腰をあげました。頭の中ではいろいろ喋っていたのですが、行動に移せないエネルギー薄い日々。少しイメージチェンジ。右上の「かもめ」、山に育ったのでかもめにはあまり縁がないのですが、人生にテーマというものをほぼ持っていないので、今回はかもめに肖って空へ飛び出そう!ということでしばらくこのデザインを使ってみたいと思います(しばらく長く)。

 

そしてつい数日前、わたしは東京におりました。逃避気味の現在から、リハのため、現実社会から逃避して東京へ。滞在中、2回行き先を間違えて2駅くらい戻ったり、場所に辿り着けず、2度ほど人に道を尋ねました(スタバの方もBunkamuraの方もとても親切に教えてくれた)。なんかすんごい久しぶりな感じがしました、東京。そしてまた日常に復帰するべく福岡に戻った訳なのですが、最終日は、東京を後にする(=日常へ復帰する)ことへの感傷がつのり、なんともさみし帰路となりました。塞いでいたので、東京という場所で、いろんな感情や考えが浮かびあがり良いきっかけになったと思います。

 

HOW HOUSEの開催している『ロボ展』を見に渋谷の東急ハンズへ。ショーケースにはコアな作品が飾られおり、いくつかは売済の札が置かれていました(高額)。写真_裏のスイッチをonにして、鍵盤をなぞれば電子音らしい音が1オクターブのみ出ます。LIVEでの出番はなさそう。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM