2018/10/31

来年1月に、愛知県名古屋で開催されるライブに出演する事になりました。

名古屋へは以前宣伝活動で行かせていただいた事があるのですが、ライブではは・じ・め・て☆。。というか、福岡東京以外での出演ははじめてです! 今回は名古屋のバンド、qulagueさんに声をかけていただきまして、福岡以外でのライブに出演できる運びとなった訳ですが、アトリエ曲からLOCAL BUSに興味を持っていただき、ライブに一緒に〜と声をかけてもらえるなんてなんだか不思議。奇特な方がいて良かった。アトリエからの流れもまた。ありがたや〜

http://nomimumi.com/news/live-reservation-mi-kiki-kanji-tie-vol-4/

 

 

qulague HP

at 14:54, nomi, nomimumi - news

comments(2), trackbacks(0), -

20180630

ライブ後記。HP更新しました。

http://nomimumi.com/news/the-practice-of-music-vol-1-終了致しました%E3%80%82/

 

ライブ終了後は能が興奮気味でどこかハッピーめです。でもそろそろ反省モードに。腑抜けにならないようにまた目標を決めていかないといけないなあ。

 

ノミdemoコーナーではあまり落ち着いて話せませんでしたが、ハッピーで平和な気分では曲はあまり出てきません。どちらかというと胸に穴が開いて風が吹くような、寂しいとか悲しいとか、シンとするような気持ちの時にできることが多いです。目から耳の辺り、からあまたの裏あたりがきゅっとなります。切なさにきゅんとします。

 

そういえばBABYもそんな曲です。恥ずかしくてなかなか言えませんでしたが、東日本大震災の後に2曲ほど感情的な高まりで曲を作りまして、その一つがBABYのdemoなのですが。その頃はもやもやとした感情が先走っていて、もっとフォークソングみたいな、ぼんやりした曲でした。CDにするということで、歌詞を考え直したのですが、一見恋人とのすれ違いみたいにしていますが、身近な人、家族をイメージしています。例えば私で言えば他界した頑固な父とは衝突も多く(だってわたしも頑固なので〜)、父との衝突のエネルギーでできた曲は数知れません。葛藤が多かった分、心残りや後悔なども折々よぎります。悪かったなあ〜なんて泣いたりして。それと同じにしていいかは別にして、何か日々は過ぎていくし、しないと行けない事はたくさんあるし、感情を流しながら目の前の事に向かうこと、生活していくことしかないのかなあという諦めのような気持ちが、震災後に作ったBABYにシンクロしました。それぞれに記憶があって、それぞれに大切にしているものがあっては、それは誰にもわからないけれど、ここにもそこにもありますよぉみたいな。わたしは自分がやさしい人間とはなかなか思えませんし、冷たいところもありまして、でもやさしくないわけでもないのですが(まわりくどいですが)、時々世界にシンクロして人や自然に感動して曲として表出してきます。自分の中からだけでは何も生まれないです。だから世界と関わっていく事はやはり大事なことですね。

at 00:59, nomi, nomimumi - news

comments(3), trackbacks(0), -

20180503

6/29(金)、福岡にてライブ致します。

詳細はHPにてご確認ください〜

 

http://nomimumi.com/news/live_reservation/

at 18:50, nomi, nomimumi - news

comments(11), trackbacks(0), -

20170721

アトリエ20thライブも終わり、暑さに汗でアトピー気味。かいかい。

「atelier-20th-special-live」終了致しました。

 

旅先などでつい本を買ってしまったりするのは、普段と違う生活に疲弊するからか?

駅や大きな街の商業施設は混雑しているので、ときどき逃げ込むように本屋さんに入ることがあります。売り場が各階に別れている本屋さんなど、上階にあがるほど人が少なく(なることもあり)、静かで涼しくて安心します。

今回特に良かったのは、好きな推理小説のシリーズが発売されていたことです。それを発見したとたん、沈んでいた気分も吹き飛びました。はあ〜本って素晴らしいですね。音楽と違って、機器を介することなく、すぐに試すことができます、それも良さですね。

 

フロスト始末(上) R・D・ウィングフィールド著(創元推理文庫)

 

作者が数年前に亡くなってしまったので本当にラスト。かなしい!上下巻にもかかわらず厚め、、のためちょっと価格高め。。でもいいの。。惜しむ気持ちが読む前から溢れます。面白さは間違いないのですが、しょぼくれた不品行方正な主人公、フロスト警部や毎度おなじみの登場人物たちへの愛着は、シリーズ最初から読んでいるから。

 

さて、あさって7/23(日)、福岡中央区警固のJOY TRIP CAFEで行われる、山田稔明さんのライブにコーラスで参加させて頂きます。無類の猫好きということもあり、歌あり、おしゃべりあり、猫あり(?)の楽しいライブになると思います。わたしはコーラスで参加するのは初めてなので非常に緊張。

詳細は、LOCAL BUS HPからどうぞ。

 

明日7/22(土)、箱崎のスピタルハコザキで行われる『猫島物語 はしもとみお彫刻展』でも、山田さんのライブもありますので、気になる方はチェックしてみてください。もしかしたらまだ空席があるかも!

詳細はGOMES THE HITMAN HPにて。

 

 猫あり

at 14:44, nomi, nomimumi - news

comments(4), trackbacks(0), -

20170708

豊洲が現実のものとなってきました。騒動の遠き地名だったものが、今や間近。

リハーサルは終わりました。バンドの皆さんはほとんど仕上がってますし、出演者の皆さんは慣れた感じで鏡の前でパフォーマンスの確認を。盛り上げる〜
わたしも精一杯歌わせていただきます。

明日を前にしてなんだか落ち着きません。楽しいライブになりますように。

at 13:49, nomi, nomimumi - news

comments(4), trackbacks(0), -

20170610

ト、ヨ、ス。

豊洲です!

アトリエシリーズ20周年スペシャルライブに出演致します。

チケット予約締め切りはもうすぐ。ご興味のある方はどうぞよろしくお願い致します。

http://nomimumi.com/news/liveのお知らせ_atelier-20th-special-live/

at 00:34, nomi, nomimumi - news

comments(4), trackbacks(0), -

NEW MINI ALBUM『BABY』発売

4月は永遠じゃない。東京から帰ってきたわたしは逆浦島太朗現象に陥り、瞬く間に時は過ぎ、あっという間に『BABY』の発売日になっていました。驚きです。

『BABY』をどうぞよろしくお願い致します。

 

http://nomimumi.com/news/new-mini-album『baby』本日発売開始/

 

来年の今頃は、怒濤の4月とぼんやりな5月の初めを思い出すでしょう。

at 23:18, nomi, nomimumi - news

comments(8), trackbacks(0), -

20170419

今日がもうライブだなんて信じられません。
良いライブになりますよ〜なんて、自分が出演する時には、怖気や恥じらいもあってなかなか言えないのですが、明日はきっとなるでしょう。だって、有志のバンド、The Musementsは盛り上がっているのです。矢部浩志さんを囲む、皆さんの意気込みと演奏は素晴らしいです。矢部さんの曲は難易度が高いので、大変そう。でもそのぶん仕上がった時のワクワク感が違うのです。
さあ、本番完全攻略できるのでしようか!?
とにかく時間のある方は是非会場に来ていただきたいです。


もちろん歌い手の皆さんも、みんな違っていて面白いしかっこいいです!

at 02:24, nomi, nomimumi - news

comments(5), trackbacks(0), -

NEW MINI ALBUM『BABY』発売について

春たけなわ。桜も散り始めましたか。そんな折、LOCAL BUS、ニューミニアルバム発売のお知らせです。

 

『BABY』LOCAL BUS 『BABY』、5/1(mon)発売。買ってね。

 

制作から完成まで、思いつくことなど折々書いていきたいと思います。

http://nomimumi.com/news/new-mini-album『baby』発売日のお知らせ/?preview_id=737&preview_nonce=a510c2d525&post_format=standard&preview=true

 

でもまだ花冷えで寒い日も多いです。

東京での、MUSEMENTによる「夜のミューズメント」ライブ出演をひかえ、肝も冷えています。

 

関連

http://nomimumi.com/news/new-mini-album-発売のお知らせ/

 

at 21:02, nomi, nomimumi - news

comments(7), trackbacks(0), -

20170202

4月に、東京にて、「Musement Fair」発売記念LIVEに参加することとなりました。

プロとして活躍されているミュージシャンの方々と一緒なのは、やはりびびりますね。えへへ。

でもまだ先のことなので実感もなく、食欲減退もなく、むしろ目一杯おいしいご飯を食べています。食べ過ぎています。白ご飯がおいしいです。

詳細はMUSEMENT OFFICIAL BLOGにてどうぞ。

 

話変わりまして、先日、九州国立博物館で開催されている「宗像・沖の島と大和朝廷」を見に行った流れで、以前から気になっていた、観世音寺と五郎山古墳へも行ってきました。

「宗像・沖の島と大和朝廷」。自分の暮らしてきた場所が、歴史的にどんな場所だったか、歴史の中でどんな影響を受けて今に至かなど想像たくましく、興味の湧く内容でした。なんとも可愛かったのは、椅子に座る男子形埴輪(ポストカード買いました)。全体のフォルムが良い。お顔も良いです。

 

そして、観世音寺の敷地内にある、観世音寺宝蔵へ。

とにかく仏像との距離が近く、垣根のない展示は圧巻です。あんなに接近して貴重な仏像を見ることができる場所が他にあるのでしょうか?。。 大きさももちろんなのですが、1体1体、細部まですばらしく、あれほど館内が寒くなければ、もっとずっと見ていたかった(外より寒かった)。十一面観世音菩薩を見るのは珍しく、またいくつも展示されているのはなぜかなと思ったのですが、それは天台宗のお寺ということがあるようです(浅い知識)。宗派によって仏像も変わるのですね。興味のある方もない方もぜひ足を運んでいただきたい。

 

そして五郎山古墳館へ。五郎山古墳は、3色で彩色された壁画を持つ古墳です。盗掘されて荒らされていたため誰の為に作られた古墳かは不明。古墳館には古墳の内部を再現したレプリカがあり、ちょっとしたアトラクション的な面白みがありました。案内の方も明るく親切。古墳に興味のない方も、あのアトラクション(?)を体験しに行ってみてほしいです。できれば数人で。

 

わたしは目の前の展示だけに感心したり感嘆したりしますが、もっと深く歴史の流れが分かる方は、古墳時代や大和朝廷など歴史的に近い時代なので、いろいろ感じることも多いのかも。

 

at 16:14, nomi, nomimumi - news

comments(6), trackbacks(0), -