20170926

うさぎA

 

うさぎ数羽が、雨上がりの小さな水の溜まったうさぎ穴の中で、うさぎAの躯を囲んでいた。

あるものは怯え、あるものは憐憫の様子でうさぎAを見下ろし、またあるものは濡れそぼる羽毛の下で小さくやせ細った後足の傍に膝をつき、儚い死を悼んでいた。

「このことはすぐにも長にお伝えしなければ」

あるうさぎが言った。その脇でむせび泣きいていたうさぎが震えるように何度も頷いた。

うさぎAはもう何日も食物を食べていなかった。ちいさなどんぐりが2つぶ落ちていたが、もうそれを食べる力もなく息絶えたようだった。

冷たく硬くなったからだ、少し開いた口元にすり減った前歯と傷つきが見える。右頬を下にし、前足で合掌するようにして死んでいた。うつくしい白と灰色の毛を持ったうさぎだった。風に揺れる敏感なひげと賢そうな笑み。背筋が弱く飛び降りたり飛び上がったりするのが苦手だった。

そんなうさぎAが死んだ。

 

うさぎAは世間に疎く、散策や思索(詩作)を好んだ。

発端は些細なことだった。世の中の動きが変わり始めたときだった。潮目を見ようと、うさぎたちは様々に寄り集まっては嘆いたり、討論したりしていた。

うさぎの長が言った。これからはできる限り数羽で食物を集めにいき、また食物を分け合おうではないか、わたしはうさぎの団結を信じる。誰もが誰もに声をかけ、気をつけ、励まし、うさぎの本来持っている相手を思いやる温かさや思慮を発揮し、生き延びよう。わたしは未来の安心を約束する。我々は1つだ。

そうして、それからうさぎたちは時々数羽で食物を探しに出かけるようになった。となり近所に声をかけ、または大きな徒党を組んで大規模な作戦のもと食物を奪還する時もあった。若いうさぎも老いたうさぎも、子うさぎも雌も、団結の言葉に心丈夫になった。しかし、興奮していきりたつものも現れ、その後には、時には傷ついた生き物がいることもあった。

うさぎAは本来そうであったように、一羽で居ることが多かった。最初は雰囲気に圧され、若者らしく食物を得るために仲間と森を駆けた。しかしだんだんと疎くなった。待ち合わせ場にやっては来るものの、必要な分だけ確保すると、仲間を離れて居なくなってしまうこともしばしばだった。

ある時、仲間のうさぎが言った。性根がはいってない。今は有事だぞ。みんなで一つになろうと長が言ったではないか。

うさぎAはもじもじしながらも答えた。でもまだ食物はあるじゃないか。食べ過ぎて太っているものもいるし、子うさぎが殻を割る競争だけして実を粗末にしていたのを僕は見た。食べるものは足りてるんだよ。

しばらくうさぎは足を踏み鳴らしていたが、うさぎAを後にし、意外にすんなりと引き上げていった。

次の日、殻割り競争の子うさぎとその親は突き止められ罰を与えられた。そしていくつかの規則が告げられた。

 

うさぎAは仲間と一緒に行動することが殆ど無くなっていった。自分の分は自分で確保するから心配しないでくれと、中でも親しいものに話した。

うさぎAは腹が空いていることが好きだった。そして自然の中でいろいろなことを考えて、考えてそして疲れたときに何か少し栄養をとり、静かに少し幸せに眠れれば充分だった。だからしばらくの間そうした。とても幸せだったし、少し多く食物が手に入ったときには、知り合いや友だちに分けた。

しかししばらくしてまた規則が告げられた。食物は配給制とする、カテゴリーに従いうさぎたるものは一定量の食料を納めるように。

うさぎAはいままでよりも食料を探す時間を増やした。そして一定の納量を確保するため、少し多く食料が手に入っても知り合いや友だちに分けることを控えた。

 

ある日うさぎAは、自分の目当てにしている場所へ、気の置けないうさぎと出かけていった。世相離れしていくうさぎAを案じてたびたび訪れていた。子うさぎがまた生まれるため、滋養のあるものを見つけたいが、仲間に不安を感じていたし、にらまれるのを恐れていた。道すがらいろいろの話をしながら、二羽はまるで秘密のピクニックのようにして滋養のあるものを探して歩いた。

しばらくして、目当てにしていた場所が荒らされていることに気付いた。次の折にと残しておいた小さな蕾すらないのだった。暴力はうさぎAに向けられなかった。いったいなぜ? うさぎAは自分が孤独なことを知った。しかし孤独は本来的なものであるのに対し、孤立は外界からされるものだと知った。うさぎは孤立を受け入れた。

うさぎAは違う食料場を探した。そして新たに見つけた場所へ慎重に出かけて行っては少しの食物を持ち帰った。けれどもそこもしばらくすれば、また荒らされてしまうのだった。

 

「いや、長にはしばらくしてわたしから話す」あるうさぎが言った。うさぎは地面を踏み鳴らした。

天井からの水滴が時をいくつか打った。うさぎは解散を命じ、数羽はすぐに去った。一羽はしばらく目を閉じたままだったが静かに立ち上がり去っていった。まだむせび泣いていたうさぎも最後に引きずられるようにして連れ出された。

残されたうさぎAの体はしばらく後、秘密裏に葬られた。

 

at 22:44, nomi, 創作的カキコミ

comments(4), trackbacks(0), -

20140910

昨日一昨日と月が綺麗でした。

心のきれいな人ってどんな人?(意味なし)

今年はやたらにお風呂場にダンゴムシがいてたくさん殺している、からその天罰があたったのかも。
続きを読む >>

at 20:41, nomi, 創作的カキコミ

comments(2), trackbacks(0), -

20140909

久しぶりに部屋に花を持って上げる。
このオシロイバナがおれっちを元気にさせてくれっぺよ。鼻を近づけるとものすごく甘い匂いがする。

出かけるついでに買い物に行く。エビグラタンを食べたかったので、マカロニ。いろいろな食材を見かけると、あ。あれも作りたい。あれも食べたい。これを買えばあれも作れるな、とわくわくしてくる。白ネギが好きになるとは思わなかった。買いました。豆腐もやっぱり買っておく。ショウガもやっぱり買いました。今日はチーズを少し多めに入れたいと思います。欲張って2つ買いました。

最近車を運転して出かけるときは、Trembling Bells & Bonnie 'Prince' Billyを聞いています。少し勢いがつく。ブレーキのタイミングが遅れがちです。

わたしは今なんでだか落ち込んでいるので、性根が暗い。

続きを読む >>

at 18:54, nomi, 創作的カキコミ

comments(2), trackbacks(0), -

20140903

ぱたぱたと雨の音がして、O氏はベランダの洗濯物を急いで取り込みに走る。

天気は概ね予報通り。洗濯はしてみたものの空模様を延々気にしていたのだ。

娘のスモックを乾かす必要がある。他にもまだたまった洗濯物が乾いてない。

決心してアイロンを準備する。アイロン掛けは嫌いではないが少しだけ億劫。

準備し終えればあとは楽しみでもある。コーヒーの準備もしておく余裕あり。

湿った布地に本体を滑らせれば、湿気とともにかんばしい匂いが立ち籠める。

スムーズアイロン、スムーズアイロン。心もシワものばしてさしあげます! !

窓外に目を向けると、不穏な雲は発達をし続け稲光をお供に空を覆いつくす。

雨は次第に強くなり、グレイは暗黒へと様変わりし続ける。何かの罰ですか?

あと一時間で娘の送迎バスが停留所に着く。迎えの準備に念を入れなければ。

でも今は、安住の地を得たような温かい場所で心はとても穏やかなのだった。

コーヒーが入ったようです。あと3枚済めば、コーヒーブレイク出来る予定。


この人たちもよい。夫婦でやっておられます。
Shovels & Rope - Birmingham (Official Music Video)

at 02:07, nomi, 創作的カキコミ

comments(2), trackbacks(0), -

20111214

昨日今日と福岡はいい天気になりました。
山茶花がめいっぱい咲いているので、いくつか枝を切って花瓶に挿してきました。山茶花ってなんか悪気がない感じ。思惑なし。私感。

さざんかさざんか咲いた道〜 と素朴な植木。


イカ

さざんかのピンクの花が目一杯咲いている木の下のベンチで、イカは彼女が来るのを待っていました。青のノルディック柄のマフラーを首に巻いて温かくしています。白いイカには青もとても良く似合います。体を温める缶(ホット)コーヒーの飲み口から白い湯気が立ち上がり、規則正しく呼吸をするイカの口からもいくつも白い息が上がっては広がりました。

しかしそのコーヒーも冷めはじめ、残りも僅かとなりました。イカは公園の入り口に何度も顔を向けました。彼女はまだ来ません。約束の時間からずいぶん遅れているのです。いつもなら先に来て待ってるはずなのに。。公衆電話に立とうかとも思いましたが、行き違いになってはいけないとじっとベンチで待っていました。どうしたんだろう。。イカは少し弱気になりました。
冬の日のいいお天気です。明るく広がる太陽が目に刺さって痛いほどです。イカの尖った口や耳(エンペラ?)を光がおおいます。
目を閉じて、彼女の切りそろえた髪が、光に透けたり揺れたりするのを思い浮かべます。首を傾げたりすると、少し顔にかかったりするのです。
はぁ。。イカは彼女の好きなところをいくつも思い出し、安心した幸せな感情に満たされました。
そうしているうち、砂地を駆ける音がして果たして彼女が現れました。首にはイカのプレゼントした色違いのマフラーが揺れています。
ずっと駆けてきた様子で、顔が上気しています。息が乱れてちょっと苦しそうです。
「出掛けにマフラーを忘れちゃって。。」
彼女は息を弾ませたままベンチに腰を下ろしました。ごめんね、遅くなっちゃって。。
「いいよいいよ。。いいのにぃ。とりに戻ったの?」
イカのコーヒーを口に含んで彼女は首を縦に振りました。髪の先が揺れています。
バスに乗れなくて駅から走ったの。コーヒーをイカに返しながら彼女は答えました。運動不足に嘆きながらも、夢中になって道中の話をしています。
たいへんだったねぇ〜。。やさしく声をかけるイカの目にはうっすらと涙が忍びました。眩しい光が目にしみただけかもしれません。でもイカの幸せは20%増量していました。
マフラーをとりにわざわざ戻ってくれるなんて。。
マフラーをプレゼントしたのはイカですが、彼女はまるでイカの人生へのプレゼントのようでした。

ずいぶんと息も整ったようで、にっこりとイカに向き直った彼女は言いました。
「手編みのマフラーをもらったのなんて初めて。
 今度は帽子も編んでねっ。」
「うんっ。」

手先の器用なイカでした。

at 12:50, nomi, 創作的カキコミ

comments(3), trackbacks(0), -

20110824

うさぎ2

ここは、どこいらかの小さな町のはずれの森のあたり。。(つまり適当ということです)

うさぎは森を囲むように流れる川の、少し張り出した岩の上で釣り糸を垂らしていました。
白い毛は森の日陰に青く染まり、秋めく風に揺れています。
岩の上は苔むして、丁度良いクッション代わりです。もうかれこれ1時間ほども糸を垂らしていました。

平穏な夏の時間の中、退屈そうに前足で頬をかきました。いっこうに当たりはきません。毎日そのようなものでした。川の音と、鳥の声。蝉や虫の声に混じって、ときどき高校野球の音が球場から聞こえてきました。先ほど、球場近くの草はらで赤いスーパーボールを拾ってきました。このところの退屈にしびれを切らし、うさぎは一本先の道を折れて山を下ってみたのです。森のすずしい獣道を抜け、しばらく行くと、緑の丈は低くなり、開けたところが多くなりました。穏やかな崖を、体勢を崩しながら滑り落ち、低い草の間を体を低くして進んでいきました。じりじりと匍匐前進のようにして球場まで近づいていこうとしたところ、大きな車が何台も到着しはじめました。うさぎは、夏の退屈しのぎには危険を冒しすぎたことに気付き、じっとただうずくまって事態が過ぎ去るのを待ちました。毛穴からはじっと汗が吹きだし毛を濡らしていきました。這いつくばるうさぎの目の先に、赤いスーパーボールが見えました。今うさぎは、ポッケのようにしている毛の間からそれを取りだし、前足の裏で転がしながら、首を傾げたり鼻をピクつかせたりして、しばらくそれを見ていました。赤いスーパーボールは、うさぎの目の色にも似ていて、見つめているとちょっと心臓が速まるのを感じました。それもつかの間、急速に興味をなくし(うさぎは飽きっぽく、忘れっぽいのです)、ぽちゃんと、川の中にそれを落としました。そして、静かに釣りを再開しました。

しばらくすると、川下の方からがさがさという音がしました。半立ちの体勢で耳をそばだてていると、うさぎ仲間のうさぎ2が緑の薮から顔を出しました。釣り竿を背中にしょい、首からラジオを下げています。どちらかの耳がなぜかいつも折れていて、両耳が同時に立っているのを見たことはありませんでした。

道具をぶつけながら、うさぎ2はうさぎの横に落ち着きました。
うさぎ2はうさぎの釣り糸をちょっと引き上げました。エサはとうの昔に食われているようです。しずかに糸を引き上げ、エサを付け替えます。子供のように不器用な手つきです。自分の竿も取り上げましたが、不意に止めて、首から下げていたラジオのスイッチをいれました。

時は風に吹かれ〜
家も土地も埃のように吹き飛ばされた〜

ラジオからカントリーが小さく流れはじめます。

おお、神よぉ
あなたはわたしに何を与えてくれたのか〜
おお、辛い人生 ただ辛い人生よ〜

調子だけは明るいカントリーのメロディが流れ始めると、太陽は急に照りつけ始め、セミも声のボリュームを上げました。

おれの母ちゃんは墓の中〜
おれの愛は墓の中〜

球場の方から、カキンという音が高く響き、歓声があがりました。
川面から、ぽちゃんという音が聞こえ、うさぎ2は静かに糸を引き上げて、またエサを付け替えました。
三匹のトンボが水上を滑るようにやってきて、川中の石にとまり翅を広げてじっとしています。
体を温めているのか、冷やしているのか、その翅は透きとおって、川に透けました。


*ちょっと書き替えました。

at 13:10, nomi, 創作的カキコミ

comments(8), trackbacks(0), -

20110823

子供の頃うさぎを2羽飼っていた。どうして飼いはじめたのか思い出せないけれど、玄関の横に古いテレビを使った兎小屋を作って飼っていた。でっぷりと太っていて抱くと重かった。父は耳や耳の後ろをぐうっと引っぱって持ち上げたりするので恐ろしかった。

小山四郎(何話目?)

四郎は、ラジオを小さくかけた静かな部屋の中で、娘とふたり思い思いのことをしていました。
秋も間近のくぐもった空模様。夏の暑さが引いて、心もとない涼しさが漂ってきていました。
四郎は、卓上に新聞とスクラップ道具を並べ、記事を眺めたり、鋏で小さな記事を切り抜いたりしていました。娘は、四郎の足下の床につぎつぎとなにか持ってきては、並べたり散らかしたり、四郎の足を相手に闘ったりして遊んでいました。今は、四郎がわざと落とす紙切れをクレヨンで塗っています。

でもそろそろお昼です。四郎は冷蔵庫を見ました。一応、何が入っているかメモが貼り付けてあるのです。昨日の残りのおかずもあるし、特に作らないといけないというわけではありません。白ご飯もあるし、今日は涼しすぎるくらいだから素麺というわけにもいかないだろう(娘が好きだけどな。。)、四郎は思いました。

お昼ご飯のことを考えつつも、切り抜きにあった、かぼちゃとキノコの話が気になっています。雷が落ちると茸が豊作なんて面白いなぁ、なんて。。次々と茸が生えるのを想像すると少し気持ち悪いのですが、それを茸栽培に利用するなんて面白い。。そしてキノコの食感を思い出すとたまらなくお腹が減るのでした。かぼちゃが気になったのは、娘が最近食べたがらないので、どう改善したらいいかと思っていたのです。迷うのは、どういう立場を取るか。。嫌いなものは別に食べなくても良い、他のものでも栄養素は摂れるのだから無理強いはしないと割り切るか、親の責任として嫌いなものを少しでもなくしていくか。やっぱり、苦手なものを克服したり、人間というのは嫌なこともたまには受け入れないといけないという経験をさせることも大事だろうか、なんて思うのです。とりあえずは、おいしいものを作って、かぼちゃ自体のおいしさに目覚めさせるというのはどうだろうかと考えています。例えば、かぼちゃのポタージュスープやプリンなどを本格的に作って食べさせてみるなんてどうだろうか、と。。生クリームを惜しまず、面倒がらずにしっかり濾して、舌触り悶絶のクリーミーなスープに仕上げるというのは。。? うぅ。。これはそそられる。「おいしいね」と言いながら、顔を見合って食べる幸せ。。口の周りにいっぱいつけて「おかわり、おかわり」と、大きな身振りで「ちゅっぷーん(スプーン)」を振り回す娘の愛らしさ。。でも顔をしかめて「食べたくない」、「おいしくない」と言われることの残酷な結果も考慮に入れておかなければいけません。。 ま。とりあえず、お昼は昨日の残りのポテトサラダとそぼろご飯でいっか。。四郎は立ち上がってお味噌汁の鍋を火にかけました。後は、散らかったテーブルを片付けて、娘をテーブルの下から引っぱり出して、手を拭いてやって。。「あぁ。。」テーブルの下を覗いた四郎は思わず声を漏らしました。熱心に紙を塗りつぶしている娘の頬と足全体にはクレヨンで一筆書きのような落書きがしてあります。。これでひとつ、風呂場に連れていく仕事が増えました。

うさぎはかわいくて、友達と交代で抱いて原っぱに連れて行ったりした。葉っぱを食べさせたり、飛ぶのを追いかけたり。糞をしてお尻がよごれているのは嫌だったけど、そのうち自然と綺麗になっていたから平気だった。でも普段の餌やりや小屋の掃除は億劫でたまらなかった。弟を小突いてやらせようとして両親に見咎められ、夜、泣きながら掃除したこともあった。。しばらく経って、結局一匹ずついなくなってしまったのは、夜行性の動物や何かのせいだろう、と父は言った。朝になると針金が破られていて、抜けた毛が残っていた。そんなこともあってか、うさぎも含め、動物の面倒なんてみれないし、自分が子供を育てるなんてありえない、と思っていたのに。。うさぎがいなくなったとき、小屋の針金を張り替えてくれたり、探しにいって死骸を見つけてくれたのは父だったし、それを土に埋めてくれたのも父だった。自分はまだ小さくて、臆病で、離れたとこからそれを見ていることしかできなかった。そして誰かを責めたり、悲しがってばかりいた。今はそっちの立場じゃないので誰も責められないし、やることをやらないといけない。それに、やってあげたいと思うことも沢山あるのだった。

「うさぎちゃんかわいい、ちゅぅ。。」、床から救出した娘は、すかさずぬいぐるみのうさぎをつかまえて、ぎゅうっと抱きしめたりしています。娘の頬と手についたクレヨンが、ぬいぐるみの毛にもしっかりと色を塗りました。


- - - - - - - - - 

最近好きなカントリー曲
とくにお話との関係はないです。

at 13:14, nomi, 創作的カキコミ

comments(5), trackbacks(0), -

20110527

イカのお話について

わたしはイカというキャラクターが好きで、イカのイメージや話が思いつくと浮き浮きしてきます。わたしとはかなり性格が異なるように思いますが、その性格や行動のいろいろなところが好きです。少し子供っぽいようなとこや、要領の悪いところ。まっしぐらで、傍目には迷惑だったりバカみたいに見えるようなところも、かえって純粋で一生懸命に感じ、いとおしくなります。
と、わたしはこんな風に思って書いているのですが、不快に思っている人もいるかもしれません。イカの失態や失恋を面白がって書いているだけのように感じる人も。。それはわたしの伝え方とその下手さによるものだと思います。もしそういう方がいらしたら、この場を借りて謝りますね。すいません。。
イカの一生懸命でおかしな生活を、微笑ましくも、ときに「ふふふ」と笑って読んでほしいなと思ったのでしたが。。イカに少し共感したり、イカの話に楽しくなってくれたりしたらいいなと。。

そしてわたしは30代もだいぶん年季が入ってきましたから、20代の人や10代の人の共通に感じるような面白さはあまり表現できないかもしれません。もちろん40代以上の眼鏡にかなうものなど書けないでしょう。。30代だって怪しいもんだ。。
とりとめもなくなってきました。
このへんで。。

イカ想像図

公園のベンチなどに座って、コーヒーで一息入れているところ。

at 02:03, nomi, 創作的カキコミ

comments(6), trackbacks(0), -

20110526

みなさん、イカ焼きはお好きですか?
わたしは夜店などのイカ焼きは食べません。家でも殆ど食べません。でも、これ美味しいよ、と身近な人が焼いて出してくれるような、塩だけでたべるやつは好きです。

ただのやわらかなイカ(焼き)

イカは今、大きく温かいものに抱きしめられて、切ない気持ちでいた。その息づかいはイカのすぐ耳元でし、でも何もできずにイカは、だらんと腕を落としたまま、棒のように抱きすくめられたままでいた。。

舌でベロンと顔面を舐められる。
「イカくん。。ごめんね。」
かわいい彼女の声がし、イカは正気に戻った。
「コーネリア、イカくんのこととても気に入ったみたいで。」
イカは、心配そうな顔を向ける彼女に、コーネリアの涎のついた顔面を向けてなんとか笑ってみせた。
「うん。。ぼくは犬が好きだから大丈夫。。よぉしよぉし。。」
イカは精いっぱいに手をのばし、コーネリアの背中を撫でた。しかしイカの許容範囲は小型犬。コーネリアは立ち上がればイカの背丈をはるかに越えるほどの大型犬だった。光沢のある薄茶色の毛並み。頭の良さそうな顔つきと頭蓋骨。筋肉質な臀部。大きな足。口。犬歯。。
イカの必死の撫でに、コーネリアはふんっと鼻息のような空気を漏らす。
僕は彼女が好き。彼女は犬が好き。僕も犬が好き(注_小型犬)。犬は僕が好き。犬が好きな僕を彼女は好きになる。。(安易。)
犬に密接され、朦朧としながらもイカは幸福な想いに満たされていた。
コーネリアーっ、と彼女がフリスビーを投げれば、ぼくも競ってとりにいく。フリスビーを取り合ってじゃれる二人の姿に彼女は満足の溜息を漏らすだろう。
今を乗り切ろう。犬に好かれる僕を演出し、同時に彼女に抱きしめられているぼくを想像しよう。
イカは彼女に言う。
「コーネリア、息が荒いね。(想像:君、息が荒いね)」
「興奮してるのかな。うれしくて。」
「誰にでもこんな風?(想像:君、誰にでもこんな風?)」
「こんなのめずらしいよ。イカくんのこと一目で気に入っちゃったのね。」
イカくん、美味しい匂いでもしてるのかな? イカに覆いかぶさらんばかりになっているコーネリアの頭を軽く撫でる彼女。
「ぼ、ぼくを気に入ったの?(想像:君、ぼ、ぼくを気に入ったの?)」
「うん。好きなのよ、きっと。」
ご、ごくり。。イカは彼女の方をちらりと見てから慎重に口を開いた。

「ぼくのことが、好きなの?」
「うんっ。」

ぼくも好きだよ。。
イカは幸せの中に溶けていった。涎とともに。。
午後のまだ高い太陽は、その光景を明るく包み込み、イカの背中を灼いていた。ジュゥ〜

at 13:49, nomi, 創作的カキコミ

comments(2), trackbacks(0), -

20110303

イカ。
続きを読む >>

at 23:41, nomi, 創作的カキコミ

comments(9), trackbacks(0), -