20170309

  • 2017.03.09 Thursday
  • 16:56

春近し竹山が俺を読んでるぜ。(カンニングのじゃないよ。)

 密集中

 

MUSEMENTの「夜のミューズメント」ライブの日も近づいてきました。

https://www.youtube.com/watch?v=lbPsHa_vibE&feature=youtu.be

落ち着きません。春は気ぜわしい。体に悪いです。

 

さて、先日福岡のマリンメッセへコンサートを見に行ってきました。

日本を代表する演歌歌手による歌謡ショーです。たまにNHKのうたコンなんか見ている私は興味津々(めずらしく)。日本の歌謡エンターテイナーたちの本物の舞台を見れると楽しみでした。マリンメッセへ入り、会場へ近づいていくと、白い煙が浮遊しています。すばらしい。さすが歌謡ショー!興奮しますね。

小さい頃からテレビで見ていた歌手の方が多く、やはり立ち居振る舞いに貫禄があり、歌声も盛り上げ方も良くて楽しかったです。次の東京オリンピックではこのような方々にも活躍してほしいですね。

ところで、様々な歌い手さんの中でも、今回千昌夫さんの歌を聴いてぐっときました。声が予想外に2枚目で、スマートな印象を持ちました。わたしの小さい頃の印象は、奥さんのシェパードさんや、お金にまつわる話題など少し派手で、歌はというと、♪与作や、♪北国の春など、少し泥臭い歌を歌われていて、そのギャップが、田舎者が都会で羽目を外してしまった、、というような(あくまで私感です)だめな感じの人として印象づけてしまいました。なので、♪北国の春など聴くと、そのギャップのせいでより現実味を帯びた田舎臭さを感じずにはいられず、長くあまり好きな歌手の方ではなかったのです。でもでも、今回実際に聴いて、遠くからですが様子を見て、なんだかすごく、モテそう。今でもモテてそう。すごいなあ。

 

ところで歌手の方が1曲ずつ交代で歌っていって、一人4〜5曲くらい歌われたのですが、千昌夫さんの最初に歌ったのは♪星影のワルツでした。それを聴いた時、父がよく懐メロのテレビ番組など見ながら一緒に歌ってたなあ、なんて思い出したのです。♪ワルツを歌おう〜と。千昌夫さんの歌声を聞きながら、リアルタイムで自分の父親の声もちゃんと想像できるって、記憶ってすごいですね。♪北国の春も同じくそうで、プロの声に感動しつつも、父の声に郷愁を憶えるというデュアルな体験をしました。こうやって歌って、人の人生の中にしみ込んでいくのですね。今度また聴いてみたいなと思いました。♪冷たい心じゃないんだよ〜

竹山から歩きで帰り。農業用の堤。

 

コメント
筍!
nomiさんの血が騒ぐ季節になりましたね!

おぉその2週間前にマリンメッセでRADWIMPSのライブを2days行ってきましたよ♪
RADWIMPSよりもLocal Busのライブに行きたいハーレーですがね(^^;
  • HARLEY
  • 2017/03/10 12:21 PM
今人気のRADWIMPSですか。いいですね^^
  • nomi
  • 2017/03/10 7:40 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM