<< 20190202 | main |

20190206

とても暖かい。春でしょうか? 鼻水大丈夫でしょうか?

カリフォルニア、、カリフラワーが好きになり、小さくしてスープに入れたりサラダにしたり炒めたり。茹でた後の姿など、ほわっとした黄色みがベビー感を醸しなんとも萌えです。ブロッコリーとは違ってポテトのようなホクホク感がありますね。

今日はカリフォルニア州サンフランシスコで、日本のビジュアルアートの勉学に励んでいるナイスなアメリカ人才女と地元の歴史を勉強したり日本語でお話ししたりできてとても楽しかったです(それが表面に現れていると良いのですが^^)。日本の舞台美術や演劇にも興味があるようで、現在は60〜70年代のアンダーグラウンドなあたりを熱心に勉強されているようで頭が下がります。わたしの地元には大衆演劇で有名な劇場(嘉穂劇場)がありますので、そういった関連からか、炭坑の歴史や昔の風俗などいろいろなことに詳しくて驚きました。わたしはあっさーく!しか知らないので。素晴らしいですね。

 

尾張名古屋のライブが終わり、もうぼーっとしていた頭もだいぶん元に戻ってきました。

 

5組ものバンドが出演しましたので、リハーサルもあまりゆっくりと言う訳ではなく、でもLIVEハウス、K・D ハポンのスタッフの方がスムーズに誘導してくれまして(ケイジくんも要点を押さえており)、確認すべきところはざっとやれたという感じでするりと終わりました。しかしわたしたちの問題はLIVE自体ももちろんですが、準備と片付けにちょっと時間がかかるということでした。他のバンドの方のリハーサルなど見ていますと、慣れてるな〜とか、LIVEが板についているような感じがかっこ良かったです。わたしたち、どこに居たら良いんだろう。。みたいな端っこのもっと端で見ている感じ。。へへへ。そして顔合わせの挨拶があり、お客さんが入り始めました。ひゃ〜(あたふたあたふた)。普通に装ってるつもり。

 

セットリスト

 ansa-

 haiku

 (韃靼海峡と蝶)

 ENERGY

 月をくれろと鳴く子かな

 桜見丘

 DAY AFTER DAY

 

今回は旅先ということもあり、音数の少ないしっとり?した雰囲気でいくことになりまして、ナガシマくんの演奏とわたしの歌をメインにお届けしました。着席してのPLAY。

 

ansa- ギターがいつものイントロを弾くと、始まった、という雰囲気で会場はしーんと濃厚な空気感が漂いました。この日の為にナガシマくんが購入し、練習を重ねた初お目見えのエレガットの音色でした。歌入り。ハポンスタッフの方が、声がきれいに聴こえるように調整しますね^^とおっしゃってくれていたので、これはきっときれいに聴こえているに違いない! 猛烈にきれいに聴こえているに違いない!やばい。。と裏腹に恥ずかしくなってしまったわたし(だめですね。でもほんとにきれいにしてくだったと思います、ありがとうございます!)。。そんなことを時折考えつつも曲は進んでいきます。そしてラストのコーラスへ。わたしの今回の楽器シェイカーを振りつつエンディングへ。

 

haiku 童謡のような風合いを持った曲なので、音程に声をきっちりあてて行くのを避けたいタイプの曲です。わたしの歌唱はちょっと下からその音に当てていくようなのが普段からなのですが、その最たるものです。でも今回は迷ってしまい、がっつり一気に当てようか、それとも。。という躊躇から音程が定まらずしばらく音を外してしまいましてすいません。ファンの方が来てくれているという強みと甘えから時々甘くなりますね。反省してきっちりやっていきたいと思います。以前からLIVEでやりたかった曲なので、演奏できてとても嬉しかったです。ガットギターの暖かみのある音が、冬の雪国の厚みやその厚みの中にある柔らかな暖かさを補ってくれてとても良かった。

 

ENERGY ギターからキーボードへ楽器を替える準備時間ということもあり、韃靼海峡と蝶を一部ギターで弾き語ろうとしたところ、びっくりするほど押さえるところを間違えてしまい失礼しました。

ENERGYは東京でのLIVEで何度か演奏したことがありますが、一緒に演奏してくれているÅ(オングストローム)のギターの松村くんのコードアレンジver.が殆どなので、今回のオリジナルver.での演奏はほぼ初めてでした。男性が女性に結婚を申し込んでいる歌ですね。以前にも書きましたが、ビートルズとキンクスの印象的な歌詞を挿入している曲です。強引です。

 

月をくれろと鳴く子かな

桜見丘 寒かったり埃などに弱いので、ちょっとアレルギーが出ていたかもしれません。桜見丘は難しい曲なので、鼻の調子の善し悪しがでます。気になるところもありつつやりきりました。二人ともやりきるしかない曲。でもこれも演奏できて良かったと思う曲です。

 

DAY AFTER DAY 普段から明るい曲で終わりたいという気持ちがあり、今回はふわっとDAY AFTER DAYができたのでとても嬉しかった。ナガシマくんに感謝です。LIVE前にいろいろ音源の工作をやってくれました。もっとワーっとやりたい曲ですね。みんな適当な楽器とか持って来て参加できたら良いなあとか。でもファン以外の人には難しいなあ。。今後に期待。

 

そして終わりました。

at 01:57, nomi, 饒舌日記

comments(4), trackbacks(0), -

comment
HARLEY, 2019/02/07 7:54 AM

去年嘉穂劇場にハイエイタスが来てて行けなかったハーレーです。。( ´△`)

このセットリストはたまはんですね♪
月をくれろからの桜見丘(’-’*)♪
スゲー!

音響の調整なくともnomiさんの歌声はキレイですよ!

nomi, 2019/02/08 12:26 AM

また来てくれると良いですね。
ありがとうございます〜

HARLEY, 2019/04/09 10:20 PM

今年もタケノコを退治する時期がやって来ましたね(^^)/
明日のガッテン!の放送でタケノコの特集やるみたいですよ!
激あまでシャキシャキになるらしいですよ。

新しい年号に変わってからもよろしくお願いします。

nomi, 2019/04/11 1:33 PM

わたしも見ました。筍関連はやはり気になるので。わたしのうちは量が多いので、そとで茹でるのがちょうど良いです。楽しいし(きついこともありますが)。大根おろし汁もやったことがありますよ〜。いろいろあって面白いですよね。

よろしくです!










trackback
url:http://blog.nomimumi.com/trackback/1238203