20121009

映画「野菊の如き君なりき」監督 木下恵介

老いた主人公(笠智衆)が渡し船で川を上っていくシーンから始まる。そのシーンがとてもきれい。なかなかあんなきれいなシーンは見たことがない気がする。全編にわたって、昔の美しい風景が自然にシーンに入ってくる。ストーリーは「読める」けれど、それでも主人公とヒロインが悲しいシーンはやはり悲しく、まだこどもっぽい正直で思いやりのある言葉にもぐっとくる。涙。原作は「野菊の墓」。読んだはずなのにこれっぽっちもそうだと気付かなかった。。

at 21:44, nomi, かんしょう日記

comments(4), trackbacks(0), -

20121004

映画「愛のむきだし」
監督 園子温

よかった。いろいろ思ったりすることはあるけど、主人公含め若手の役者がすごく良い。日本映画もまんざらじゃないなと思った。コイケ役の女優さん、NHKでやってる「野田ともうします。」の手影絵サークルの部長じゃないか。。?!(驚愕!それに一番びっくり。)

at 23:59, nomi, かんしょう日記

comments(3), trackbacks(0), -

20111124

安野光雅の絵本展へ行ってきました。
印刷物とそれほど違わない感じですが、赤系と青系のインクの濃淡とか色の出方が、原画の方が鮮やかな気がしました。そして彩色の組み合わせが味わいがあって可愛い。いろんなアイデアや気の利いたことがしてあって、細部を見る楽しみがあります。
形を捉えるのが上手い。線の構成が好きなんだろうと勝手に想像します。
昭和っぽくて、どこか奇妙。滑稽で不思議なのが良い。ブタがまん丸なのが可愛かった。

at 14:19, nomi, かんしょう日記

comments(4), trackbacks(0), -

20110617

こちらをどうぞ。

『ノーマ・レイ』という映画のエンディング曲。映画はなんとなく物足りない、釈然としないエンディングだったけれど、この曲がすごく気になった。一時停止して曲名と歌手を確認した。

at 02:14, nomi, かんしょう日記

comments(4), trackbacks(0), -

20110616

ひさしぶりにAimee Mannの以前のアルバムを聴く。感動しちゃうなぁ。。

at 00:38, nomi, かんしょう日記

comments(2), trackbacks(0), -

20110611

最近、歌を歌う情熱みたいなものが低下していて、集中力がなく、声もかすれやすいし歌がヘタになってるのです。このままどんどんだめになるのじゃないか、そういう心配もあって落ち込み気味だったのですが、そのまま落ち込んでいても少しも上手にはなれないので、なんとか体を先に動かして脳に錯覚させて元気を取り戻そうと声出しをしています。といってもただ歌を歌ってるだけですが。。
以前にも書いたかもしれませんが、そう言うときは自分の声質に似ている人の曲を歌います。今回は原点に戻ってEmmylou Harrisを歌っています。カントリーです。このアルバムともう1枚、Cathy Dennisの1stは何度歌ったか知れません。相当に歌ってきたアルバムです。どちらも歌詞カードがぼろぼろです。わたしの手はばっちぃので、いつも持つ場所が今では黄色く変色しています(でも自分では汚ないと思わないのが人間の不思議なところ)。声を出すことに集中しやすいし、気持ちを静かに集中して歌っていると、自分の歌に感動すらするときがあります。
声を出す時というのは、感情が出やすくなると思います。泣きたいときや怒っているとき、そうしたくなければ口を開かないようにして我慢します。口を開いて声を出すと、我慢していた感情が一気に出てしまって泣いてしまったりするのはそのためです。だから歌を歌うときも、口を開いたり、声を出したりしているのだから、楽しい気持ちのときはそんな感情があふれてくるし、悲しいときや泣きたい時には思わず涙が出たりするんじゃないかと思います。

 

at 00:12, nomi, かんしょう日記

comments(9), trackbacks(0), -

20110608

午前中からもう暑い。今日は28度予想。
最近サスペンスものばかり見ている。『クリスタル殺人事件』『地中海殺人事件』『鳥』など。
前の2つはアガサ・クリスティ原作のもの。見慣れたマープルとポアロでないので少し違和感はあったけれど、フィルムで撮られた独特の空気感や時代を映したファッションや人々の暮らしなど良かった。イギリスのアクセントも好き。どこかで見たことのある人だなぁと思っていたら、好きな映画に出ていた俳優さんだった。その気付かせなさ加減が良い。そういう俳優さんてすばらしい。マープルが転ぶシーンがあるのだけれど、その後ろで演技してる女の子の、ぎこちなくも素朴な感じが良い。ちらっと向こうを見てから手を口に当て「あら大変」みたいな様子でマープルを見ている。ちらっと見たのは、向こうで演技スタートの合図を送る人を確認したのかも、と思う。その女の子をアップにしたりしない。マープルのちょっと離れた後ろで演技しているだけ。日本の映画ならアップをとって、変な顔をさせたり無表情にじっと見ているところを挿入したりするのかもな、と思う。そういうのはあまり好きじゃない。。
『鳥』はヒッチコック。女性がきれい。何かを見たときにも思ったけれど、ヒッチコックの映画で怖いと感じさせるようなところって、弱いものを傷つけるシーンを執拗に見せるところじゃないかと思う。大して怖くないようなシーンも、観客が手を出せない状態で、か弱い子供や女性が襲われるのを長いいろいろなカットで見せることで手に汗握るような怖さを作る。。そういうところはあまり好きじゃないなと思った。

at 11:41, nomi, かんしょう日記

comments(2), trackbacks(0), -

20110321

歌を録音する時は、歌詞を見ながら歌います。歌詞を見ないでいると、感情を無理に入れようとしたり、ただ口の覚えている流れを歌うような感じになって、あまりピンと来ないことが多いです。歌詞を見ていると、殆ど無感覚状態ですが、単語やメロディの持つイメージが言葉の響きに入り込むような気がします。そこに、現在の自分の気持ちや思いが入り込みます。言葉に反応して、無意識に感情が引き出されたり、その時に感じている思いが、歌詞にぎゅうっと入り込んだりするんです。例えば今なら、今回の地震津波と原発事故への心配や祈りの(祈るしか無い。。)ような気持ちが、全体ではあまり関係のないような歌詞なのに、単語やメロディに反応して表れてくるんです。


今日は一日天気が悪く、今もずっと雨が降っています。雨の夜も好きですが、事故のことがあるので風が強かったり雨の予報が出ていると心配になります。くれぐれも風向きに注意して、風に吹かれたり雨に濡れたりしないでほしいと思います。

at 00:54, nomi, かんしょう日記

comments(4), trackbacks(0), -

20110318

youtube ー A Lovers Concerto / Sarah Vaughan

朝のラジオで流れていました。

続きを読む >>

at 22:38, nomi, かんしょう日記

comments(2), trackbacks(0), -